レントゲンをとってみると永久歯の数が部分的にたりない=先天性欠損が確認されることがあります🌼10人に1人程度の確率で先天性欠損が認められるとの報告もあり、決して珍しいことではありません😣
概ね5歳半をこえてくると顎の中で将来の萌出に備えて永久歯の種=歯胚を確認することができます🐭仮に歯の数がたりないとわかっても、事前にその情報を知っておく方が、成長発育・歯のはえ変わりの中で将来にむけた選択肢がひろがります🌷
個々の骨格バランスやかみ合わせによってその後の永久歯列の考え方も異なりますので、適切な時期に将来の予測を立て、すこしでも負担が減らせるようにポイントを整理できれば幸いです😊矯正治療が担える役割もたくさんありますが、乳歯を大切に永久歯と共存させながら保存していかなくてはならない場合もあります⚠まさに包括的な視点が求められます。
乳歯はいずれはえ変わるから多少虫歯になっても大丈夫?ではなく、乳歯は永久歯への案内役としてできる限り治療せず、きれいな状態で予防管理していけるようにしたいものです🍎
豊中の医療法人 なかすじ矯正・小児歯科クリニックでは、乳歯がはえてくる頃から定期的なお口の健康管理の大切さをお伝えしています😊できるだけ治療をさけて、予防していけるとうれしいですね。甘いもの(ジュース・スポーツドリンク・グミやあめetc.)はダラダラ食べず、時間を決める事。自分磨きが上手にできるように状況にあった歯みがきポイントも歯医者さんで教えてもらい、練習しましょう✨子供ができていたら褒めることも忘れないようにしたいですね🌱心配な事がありましたらお気軽にご質問下さい😊