歯科治療を受けるに至った原因は様々ですが、治療が終了したからといって治ったと安心はできません😊
治療が一区切りしたその時点から、お口の中という過酷な環境下での新たな変化が始まっています🐤
成長発育の時期に治療を行った永久歯・修復物は、成長変化に伴う骨格の完成によって、かみ合わせの変化にさらされます☔咬む力が断続的に加わる事で、天然歯と人工物=修復物間には歪が生じてきます🐾そこにブラッシング不良や、甘いものがお口の中に高頻度に取り込まれるなどのマイナスの環境因子が加わると、一気にトラブルへと傾いてしまいます😥天然歯をいかに守っていくのか、なぜ治療に至ってしまったのかを理解し、骨格や口腔習癖に基づく将来の変化の予測も加味しながら、治療を考えることが治療後の長期的な安定につながっていくのではないでしょうか😊
成人矯正治療では、歯を支える歯周組織の個体差、現在の歯周病罹患度合いの判定。これまでの治療の予後、神経処置歯・根管治療歯がトラブルを抱えていないかなど…矯正治療を開始する前に、チェックするポイントは沢山あります🌼豊中の医療法人 なかすじ矯正・小児歯科クリニックでは包括的な視点から矯正治療がよりプラスと働くコンセプトを大切に総合的なサポートを行っています🌼